About Us

  • 人形のまち、岩槻

     江戸時代後期、「雛祭り」が行事として広まり、日本橋十軒店などに雛市や兜市が立つようになると、江戸で人形文化が花開きます。その供給地として、鴻巣や越谷など、武州(現在の埼玉県を含む地域)の村々でも人形づくりがはじまりました。
     譜代大名の城下町、日光御成道の宿場町として発展した岩槻にも、「雛屋」を名乗る人物が存在したことは確認できますが、岩槻で人形づくりが盛んになるのは大正時代以降のことです。関東大震災や戦争で被災した東京の職人たちが岩槻に流入したことも一因となって生産量が拡大し、高度経済成長期には一大製作拠点として人形産業を支えました。
     現在でも、まちを歩くと人形店や工房の看板が並び、「人形のまち」の風情が感じられます。

    「十軒店雛市」(『江戸名所図会』巻之一)
  • 岩槻人形博物館 完成予想図(ロビー)

    人形文化を発信し、魅力を伝える博物館を目指して

     2020年2月22日、「人形のまち」岩槻の地に、さいたま市岩槻人形博物館がオープンします。岩槻人形博物館では、人形や人形文化に関する資料の収集・保存、調査研究を行い、展示・教育普及活動などを通して、多くの方々に人形への親しみを持っていただけるような企画に取り組んでいきます。
     誰もが気軽に、身近に楽しめる施設になるよう努めるとともに、日本文化の中に息づく人形の美と歴史を大観し、その魅力や奥深さを広く国内外に発信していくミュージアムを目指します。

Collection

 所蔵品の柱となるのは、日本画家で人形玩具研究家の西澤笛畝にしざわてきほ(1889~1965)が収集した日本と世界の人形・玩具です。無形文化財保護委員会専門審議委員や日本伝統工芸展の審査員を歴任した笛畝は、人形の美術品や文化財としての価値を見出し、世に広めた人形の伝道師ともいうべき人物です。画家としての審美眼により選び抜かれた人形は、国内外の様々な書籍で紹介され、個人が収集したものとしては最高レベルのコレクションとして知られています。
 このほか、様々なコレクションの人形、地域に伝来した人形と人形づくりの資料、人形の文化的背景を物語る絵画や古典籍などを所蔵しています。

Location

〒339-0057 埼玉県さいたま市岩槻区本町6丁目1-1

PAGE TOP
PAGE TOP