次郎左衛門雛立雛

次郎左衛門頭が付けられた立雛。立雛は、最も古い形式の雛人形とされ、紙で作られた「ひとがた」や形代が変化したものといわれている。江戸時代に描かれたものをみると、屏風などに立て掛けて飾っていたようである。また、次郎左衛門頭とは、京の人形店・雛屋次郎左衛門が創始したとされ、丸顔に引目鉤鼻を特徴とする。本作では、衣装に松竹梅と鶴亀が描かれ、金紙には菊文様が漉かされており、おめでたい意匠となっている。
PAGE TOP
PAGE TOP