常設展 創作人形コーナー:野口光彦 作「爽朝」「H君の像」を展示中!
公開日:2024年5月7日(火)

お知らせ
展示室2「コレクション展示 日本の人形」は定期的に展示替えを行っています。
西澤笛畝コレクションをはじめとする約5,600点の中から、季節や企画展・特別展などのテーマに合わせて、日本の人形を代表する名品や希少
品の数々を展示しています。

創作人形コーナーでは、作家が一つの作品をトータルコーディネートして制作された芸術性の高い人形を展示しています。                                                     今回は、近代御所人形の創始者と称される人形作家 野口光彦の「爽朝(そうちょう)」と「H君の像」の2作品(奥主泰司コレクション、当館寄託)を展示しました。                                                                                              「爽朝」は、朱色の袴に青色の羽織を身に着けた童子が、右手に花を持ち、左手を前に差し出しています。横から見た体躯は、風が袖を通り抜けたように、ふんわりとボリュームがあります。箱書には「昭和二十八年初夏之作」とあり、初夏の季節に合った作品として制作されたものです。                                      「H君の像」は、実在する人物をモデルとした作品で、柔道着に身を包んだ少年が正座し、正面を見据えて構えている様子を表しています。ふくよかな頬の面貌表現や、横から見た時の身体全体のたっぷりとした量感も見事であり、また、柔道着の皺等に沿って施された金が効果的にきらめき、品格も兼ね備えた堂々たる作品です。ぜひ、魅力あふれる創作人形の世界をお楽しみください。                                                              

この他にも、その他の創作人形、子供の成長を祝う節句人形、見て遊んで楽しむ古典人形などを展示していますので、ぜひご覧ください!

  爽朝 H君の像               
                爽朝                      H君の像                          
  
学芸員による常設展展示解説
 毎月22日(休館日等の場合は次の開館日)は、にんぱく*の日    *岩槻人形博物館の通称
 日時:2024年7月23日(火) 午後2時~(30分程度)
ボランティアによる常設展展示解説
 日時:2024年7月6日(土) 午後2時~(20分程度)                                                                
※ 上記2つの展示解説は、当日、展示室前にお集まりください。申込不要、要観覧券。
 
 
 
PAGE TOP
PAGE TOP