常設展  ♪もうすぐ雛祭り ウェルカムケースの「古今雛」が皆さまをお出迎え♪
公開日:2024年1月30日(火)

お知らせ
展示室2「コレクション展示 日本の人形」は定期的に展示替えを行っています。
西澤笛畝コレクションをはじめとする約5,500点の中から、季節や企画展・特別展などのテーマに合わせて、日本の人形を代表する名品や希少
品の数々を展示しています。

雛祭りが近づいてきて、ウェルカムケースには古今雛が展示され、皆さまをお出迎えしています。18世紀後半の江戸で生まれた古今雛は、身分や地域を越えて流行し、現在の雛人形の源流と云われています。展示中の古今雛は、江戸製の古今雛に比べ、袖の表現などが全体的に控えめなのが特徴で、京製の古今雛と推測されるものです。ふっくらとした丸顔に、有職雛のような大垂髪(おすべらかし)も優雅です。3月24日まで開催中の企画展「にんぱくの雛祭り ー商家に伝わるお雛さまー」と合わせ、華やかな雛人形の世界をお楽しみください。

そのほか、子供の成長を祝う節句人形、見て遊んで楽しむ古典人形、個性あふれる創作人形などを展示していますので、ぜひご覧ください!

  左義長羽子板                
                  古今雛(江戸時代)                
  
学芸員による常設展展示解説
 毎月22日(休館日等の場合は次の開館日)は、にんぱく*の日!   *岩槻人形博物館の通称
 日時:3月22日(金) 午後2時~(30分程度)
ボランティアによる雛めぐり常設展示解説
 日時:2月23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)、3月2日(土)、9日(土)、10日(日)
    ① 午前11時~ ② 午後2時~(各回20分程度)                  
※ 上記2つの展示解説は、当日、展示室前にお集まりください。申込不要、要観覧券。
 
 
 
PAGE TOP
PAGE TOP