予告

こどものかたち―創作人形の力展

~平田郷陽・野口光彦を中心に~

会期 2020年10月3日(土)~2020年11月23日(月)
開館時間 午前9時~午後5時
※入館は閉館時刻の30分前まで
休館日 月曜日
※11月23日(月・祝)は開館
観覧料 未定

「抱擁」 平田郷陽作 昭和41年(1966) 個人蔵

展示内容

 本展では、近代、人形芸術運動で人形の芸術的価値を高めることに尽力し、その後も、数多くの子供の人形を制作した、平田郷陽(1903-1981)と野口光彦(1896-1977)の二人の人形作家を中心に、職人から創作人形作家への道のりをたどった、同時代の作家たちの子供や親子のかたちをモチーフとした作品を紹介します。

 現代を生きる私たちに、彼らが制作した子供の人形は何を語りかけてくるでしょうか。「子供」の造形を通して、その美しさ、そして現代にまで通じる、人形の持つ「力」を感じていただけましたら幸いです。

主な展示資料

「泣く子」 平田郷陽作 昭和11年(1936) 個人蔵

「泣く子」 平田郷陽作 昭和11年(1936) 個人蔵

「朝霜」 平田郷陽作 昭和30年(1955) 個人蔵

「朝霜」 平田郷陽作 昭和30年(1955) 個人蔵

「童心戯笛」 野口光彦作 昭和31年(1956) 当館蔵

「童心戯笛」 野口光彦作 昭和31年(1956) 当館蔵

PAGE TOP
PAGE TOP